オウンドメディア=コンテンツサイトSEOとは?【無料講座】4/7まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オウンドメディアって何やねん!って感じなんですが。

謎のマスクマンが気になったので紹介します。

ホントにあのマスクマンが謎すぎて笑ってしまった(笑)

スポンサーリンク

無料講座のゲスト講師「闘神アルゴス」がカッコよすぎる件

オウンドメディア

オウンドメディアって何やねん!闘神アルゴスってwと思ったら見てみて下さい無料だし

闘神アルゴスって初めて知ったけど、

何者だよこのレスラー!

超大手企業のWebコンサルタントをしながら現役プロレスラーとして今でもリングで戦っています

これだけでお腹いっぱいです(笑)

プロレスラーは完全に趣味だな!

オウンドメディアって何?

オウンドメディア=Owned Mesia

Own(所有)+Media(メディア)という意味です。

つまり、自社(自分)の所有するメディアで情報発信をするという事のようです。

最近流行ってんの?

よくわからんけど。

オウンドメディアとセットで出てくる言葉として、

ペイドメディア(Paid Media)

Pay(払う)+Media(メディア)

リスティング広告(PPC)等のお金を支払い掲載するメディア。

アーンドメディア(Earned Media)

Earn(評判)+Media(メディア)

Twitter、Facebook等のSNSでの拡散、口コミを狙って行くメディア。

こういう言葉もあるそうです。

知らなかったので調べました。

要はオウンドメディアって特化サイトの事だよね

Googleから評価されるサイト=特化サイト

オウンドメディアとかシャレた言葉で新しそうなイメージを出してるけど、要は特化サイトですね。

そして、特化でありながらポータル的な役割も果たすという感じ?

内容を見ないでイメージで書いているので間違ってたらそのうち直します(笑)

アホな奴らがトレンドサイトや2chまとめみたいなゴミサイトばかり作るから

アホな奴らがネット上にゴミを量産するお陰で、我々のような特化サイト作成屋がより評価される時代になってきた。

あんな何の役にも立たないゴミサイトをグーグルがほっとくわけないし、今後サイト評価はどんどん落ちる一方。

そのうち検索にも表示されなくなるんじゃないですかね?

個人的にはNaverまとめみたいに他人のコンテンツに乗るだけのサイトもクソサイトです。

アンテナ系もそうだし、自分でコンテンツ作れないなら何もしないでもらいたい。

今後はコンテンツのしっかりしている特化サイトが上位に来るようになる。

この流れは検索する人にとってより利便性が上がるし、サイト作成者も稼げるしでWIN、WINの関係なんだよね。

WEBメディアがこの流れに向かっていくのは当然の事でしょう。

オウンドメディアの無料講座で学べる内容から抜粋

たった1年で個人がゼロからはじめて月100万PV集めるサイトを作った具体的方法

これはLPに書いてあった事なんだけど、1年で100万PVは相当キツイけど不可能では無いでしょう。

なんと言っても、私が更新しているスマホアプリサイトだってずっと100万PV以上あるし、最盛期は250万PVまで行った事もある。

このサイトを作る上でSEOなんか一切気にした事は無いし、タイトルがどうだとかキーワードが何だとか意識せずともアクセスは集まる。

ただ一つ意識した事は、「ユーザーにとって有益な情報を書く」これだけ。

従来のSEOでは上位表示されなくなったワケ

従来のSEO

  • とにかくキーワードを突っ込みまくった記事を作る(読みやすさとか無視)
  • 外部リンクを張る(これはGoogle側でも見極めるのは難しいと思う)

これは上でも書いているようにゴミサイトが多すぎるから!

キーワードを意識しすぎて、異常に文字数が多いけど見る気にもならないレイアウトのサイトとか、どっかのコピペだらけとか見たことないですか?

ああいうサイトもネットのゴミですよ。

あとは、他のサイトからリンクを貼るというのは今後もずっと有効だろうけど、不自然にならないようにするには自然リンクが増えるようにするのが一番。

自然にリンクが貰えるようにするには、SNS等で拡散されやすくしたり、コンテンツ内容が良ければリンクは勝手に増えるでしょう。

自然リンクが増えるサイトを目指す=上位表示されやすくなるという事を言ってるんじゃないかと思います。

こういう本質的なサイト作成講座なら見る価値はあると思う

闘神アルゴスが暴れまくってて笑った

オウンドメディア2

調べてないけど、闘神アルゴスは本当にプロレスラーなんでしょうか(笑)

無料講座に興味があったらコチラからどうぞ

無料講座は全4回らしいので見た感想等を追加していきます。

最終的に高額塾の案内になると思うけど、

甘い言葉で勧誘されても、オウンドメディア(特化サイト)作成はそんなに甘くないので覚悟して下さい。

1年で月間100万PVまで行くのは相当キツイ。

月間100万PV=約3.3万PV/日

自分が必死にやってる今のサイトだって、7ヶ月でやっと4,000PV/日に到達した位なので、

3万PV/日は芸能系トレンドサイトでも厳しい数字だと思う。

これをノウハウでどうにか出来るのかなあ。

そういう次元じゃない気がするが。

実は稼ぎとPVはそれほど関係が無い

この講座は100万PV/月を目指すみたいに見えるけど、サイトを見に来る人の属性さえ合っていれば物はいくらでも売れますよ。

実際に知り合いは1サイトで600万/月稼いでるけど、おそらくアクセス数はそれほど多いわけではないはず。

1サイトで1ヶ月600万円稼ぐ人の話(コラムコーナー第3回)

そして、逆に100万PV/月あってもスマホアプリみたいなガキ向けメディアって思ったより稼げないんですよ。

理由は、ガキは金が無いからポイントサイト、アプリインストール位しか誘導出来ないから。

アプリの本やらグッズも売れるけど、Amazonの報酬は1%しか無いし。

動画を見た感想

2回目で話している内容を理解出来る人がどの位いるんだろう?

これはCTW案件のいつものパターンだけど

毎回、初心者をターゲットにしていて

もしこの内容が難しいと思ったらもっと初歩的な講座がありますよー

と月額制のスクールに勧誘するんだよね。

だからこの講座が理解出来るかどうかはどうでもいいんでしょう(笑)

2回目までは抽象的すぎて全然分からないと思いますよ。

  • Googleとユーザーに評価される記事を書く
  • SNS等で拡散される記事を書く
  • 上位を狙えるキーワードを見つける

これが出来る人ならとっくに稼げてるよ!

という感じ。

経験者的にも見所は全く無し。

いまいちだなー今の所。

相当スゴイ教材が4/15~再販なので要チェック!

アフィリエイト日本(NIPPON)は1サイトで600万稼ぐ人を生み出した恐るべき教材【山根浩二】

続く。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加