PPCとサイトアフィリエイト(特化ブログ)はどっちが稼げるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PPCとサイトアフィリエイトはどっちが稼げるのか?

どっちが簡単なのか?

本当の所はどうなんだろうという部分を語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

PPCとは?

PPC=Pay Per Click

PPCとは「Pay Per Click」ペイパークリックの略です。

Yahooで検索すると、上と右、あと場合によっては最下段に大量に表示されているリンクがこのPPC広告になります。

「/提携」とか「/アフィリエイト」と文末に書いてあったらそれはPPC広告です。

PPC広告の特徴は、「お金を払って掲載位置を買う」という所です。

広告の順番は入札単価によって決まります。(正確にはもう少し別の要素もある)

上位に表示されていればそれだけクリック数も増えるので、自分の出稿しているランディングページ(広告ページ)で紹介している商品も売れやすくなります。

こういった仕組みなので、要は資金力のある所はガッツリ広告費を使って上位を取りつつ、豪華なランディングページ(販売ページ)を作って稼ぐというパワーゲームが可能になっています。

これだけ見ると簡単そうに見えますが、

看護師転職とか借金返済とかの激戦キーワードになると、1位を取るには1クリック1,000円以上になっているので、まず個人では利益は出ないでしょう。

利益が出ない理由は、成約を多く取っている所はASPから「特別単価」が貰えます。

すると、例えば一般人の場合の報酬が「1万円」だとしても、特別単価で「3万円」になっている可能性もあるわけです。

これだと勝負にならないですよね。

まとめるとPPCで稼ぐには

・売れる商品を売れるキーワードで上位表示させる

基本これだけ。

しかしこれだと基本的に資金力の無い個人では勝てない。

個人が稼ぐならずらしキーワード戦略が必要になる

そこで、ずらしキーワードと言われる、直接的なキーワードではなく間接的なキーワードで安く出稿し、広告ページで上手に誘導する事で利益を出す方法が主流になっています。

しかしこの方法は習得するまでにかなりの努力が必要で、PPCの基本が分かっていないと相当難しい。

このずらしキーワード戦略については良い教材があるのでそのうち紹介します。

ブラックな手法を推奨する危険なネット塾もあるので注意

実は以前、うっかり入ってしまったあるネットPPC塾は、ブラック手法を初心者にやらせる悪質な塾でした。

どういう風にブラックかというと、まずPPC広告を出すには広告主の条件を見る必要があります。

広告主によっては「商標使用不可」の場合があります。

つまり、商品名やサービス名を広告に使っちゃ駄目ですよという事です。

ブラック手法では、商標使用不可の案件でも商標で出稿してしまいます。

もちろん、広告主に発見されると提携解除(その商品を扱えなくなる)と報酬が却下されます。

最悪ASPの登録を抹消されます。

その対策として

・発見されにくくする為に広告出稿時間を夜だけにする

・週末だけ出稿する

・地域設定で広告主の会社の無い地域のみに設定する

こういった方法があるんですが、いきなりこれをやれと言うわけです。

少なからず稼いでいる人はこういう事やってるよとか平然と教材に書いて配っている。

ホントふざけた塾でした。

まぁいい勉強になったんですが、別にこんな事しなくても稼げるし、リスクだけ負って何のメリットも無いのでやらない方が良いです。

ブラックなのは分かっていたけど、何もせずに文句を言うのも好きじゃ無いので、実際自分もやってみました。

しかし、多少は売れますが、売れる商品を扱っている広告主は何時であろうと広告をチェックしているので無意味。

速攻で提携解除されただけで全く意味が無かったです。

で、結局PPCは稼げるの?

頭を使えば稼げるのがPPC

自分の場合、四ヶ月ほど集中してPPCに取り組んでいました。

今は新規出稿はしていませんが、売れる商品だけ残してほったらかしで毎月3~5万円位は利益が出ています。

この間、自分の出稿している案件のライバルはきっと出現しているはずだけど、それでも普通に稼ぎは変わらない。

これがPPCの良い所で、サイトだったら記事を追加する必要があるけど、PPCの場合は広告主が案件を終了させたり案件の需要が無くならない限り、無限に利益をもたらしてくれる。

最初に入ったPPCのネット塾(上で書いている所とは別)は、とても良い塾だったのでPPCの基本と稼いでいる人の状況を知る事が出来た。

稼げる人は2~3ヶ月もあれば50~100万以上稼げるようになるし、それまでに諦めてしまったら終了。

PPCは売れない案件がほとんどなので、最初のうちは本当に売れないのでそこをどう切り抜けるかが大事。

しかし自分はこの作業の無駄感に耐えられなかったので、PPCは向いてないんだと思う。

頭を使わない力任せでも稼げるのかもしれないが・・・

商標出稿が可能な案件をひたすら出稿しまくるという力業でも稼げるようです。

今はどうだか分からないけど、2000案件位出稿すれば売れる案件がいくつが出てくるはず。

ただし相当な根性か、優秀なツールが必要。

じゃ、特化サイトは稼げるの?

特化サイトの良い所は、「作業の無駄が無い」事。

ここが凄く良い。

PPCも厳密には無駄では無いけど、苦労して出稿した案件がサッパリだと結構ダメージがデカい。

この部分を経験値として昇華出来るタイプの人ならPPCの方が早く稼げるでしょう。

特化サイトのように数ヶ月掛かったりしないので。

でも、自分のように「作業の無駄感」が苦手な人は特化型サイトの方が良いと思う。

特化型サイトなら書いた記事が絶対に無駄にならないし、どんどん資産として積み上がっていくので、ドラクエとかのRPGに例えると地味にスライムを倒しているというか、徐々に強くなっていくわけです。

この経験値の数値がよく見えるのが特化型サイト。

PPCは見えない経験値に我慢出来るかどうか。

特化サイト、PPCを組み合わせるのがベスト

今自分が思っているのは、特化サイトの集客にPPCを使うのがベストではないかという事。

特化サイトはASP売り上げを狙って行かないと大きな利益を得ることは出来ない。

その為、ASPの商品を売る為のページをいくつか作る事になります。

要はPPCのランディングページ(広告ページ)を沢山作っているという事なわけです。

ランディングページがあるんだからそのページにPPCで誘導する事で自然検索だけで売るよりも売れるようになるはず。

まだ実験中だけど、自分の場合はPPC単体ではモチベーションが維持できないので、あくまで特化サイトの集客方法としてPPCを活用しています。

特化サイトの集客の悩み、PPCの作業の無駄感、その両方を解決する手段として良いんじゃないかなーと思ってます。

まだそれほど結果は出ていないのでそのうち何か書きます。

参考記事

以下の記事も参考にどうぞ。

ネットビジネスの収入を公開!2015年12月版

【特化型ブログアフィリエイト実践記①】今更新しているブログはどんな感じか説明!

【特化型ブログアフィリエイト実践記②】9月の収益から14倍!年末に向けての準備段階

【特化型ブログアフィリエイト実践記③】10月の収益から更に4倍!熱い年末に向けて加速中

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加